/

オリジナル文房具を作成するなら、自作?それとも小ロットサービスの業者?

ノートやペン、鉛筆など、自分の文房具にかわいいオリジナルのイラストや文字を入れたいな、なんて考えたことはありませんか?そんな時には、自分で試行錯誤しながらDIYで自作する以外にも、小ロットでのオーダーを受け付けている印刷サービスを利用するという方法があります。

気に入った文房具を見つけて購入する際に、オリジナルのイラストや文字をリクエストして入れてもらうことができるので、他人のアイテムとは一味違ったユニークな自分だけの文房具を手に入れることができます。

業者に作成依頼する際の流れ

ネットのオリジナルプリントサービスを利用する場合には、そのネットショップで販売されている文房具を購入し、料金を払ってオリジナルのイラストや文字をプリントしてもらうという流れになります。

ショップによっては、文房具の購入だけでもOKというお店もありますが、オリジナル文房具を制作依頼する際には最小注文数が決められているため、注文個数には注意しましょう。

どんなイラストや文字でもOK?

イラストや文字に関しては、業者ごとにどのぐらいのファイルサイズでなければいけないとか、印刷可能な文字数などがあります。

そうした枠組みの中でなら、自分で描いたイラストでもOKですし、お気に入りの写真などでもOKです。

プリントしてもらいたいイラストや写真などは、ネットにアップロードする形で業者へ渡すことになります。

その際には、指定されているファイルタイプでなければ受け付けてもらえないので、ファイルのタイプを確認した上で、必要ならファイルタイプを変換する作業が必要となります。

小ロットとは何個から?

小ロットが何個以上のことを示すのかについては、業者ごとに異なるだけでなく、文房具の種類によっても異なります。

例えば、同じ業者でも、鉛筆やボールペンだと1ダース以上、つまり12本以上でなければオーダー出来ないけれど、スマホケースなら1個でもオーダーでもOK、ということは珍しくありません。

業者によっては、すべての文房具において1個からの注文OKという所もあるので、もしも買い過ぎてしまうのが嫌な人は、1個からオーダーできるネットショップを利用するのがおすすめです。

ネット制作業者へ依頼するメリット

文房具のオリジナルプリントは、DIYで自作することも可能です。

しかし、自宅のパソコンから簡単にオーダーできるネット制作業者へ注文することには、どんなメリットがあるのでしょうか?

高い完成度でプロの仕上がり

DIYで自作すると、手作り感のある仕上がりになりますが、業者に依頼すると完成度が高くプロの仕上がりになるというメリットがあります。

特にアクリル素材やプラスチック素材へのプリントなら、高い印刷技術を持つ業者へ依頼したほうが、お気に入りのイラストが品質劣化することなく長期間新品同様の状態を維持できます。

幅広い素材に対応出来る

文房具といっても、アイテムによって素材は多種多様です。

紙や布、アクリル、プラスチックなど、素材が違えばオリジナルプリントに使用するインクや印刷方法も異なります。

自作でオリジナルプリントを入れる場合には、そうした素材ごとの知識がないと失敗しやすいのですが、業者へ依頼すれば専門知識を持ったプロが印刷をしてくれるので安心です。

デザイン相談ができるケースもアリ

使用したいイラストや写真は決まっているけれど、文房具の素材や大きさと合わせた場合に、仕上がりがどんな感じになるのかイマイチ想像できないという場合や、自分のセンスに自信がない場合などには、業者のカスタマーサービスが相談に乗ってくれることもあります。

プロの視点で的確なアドバイスを受けることができるため、完成度が高いハイセンスなオリジナルプリントに仕上がります。

業者へ依頼する際のデメリットには何がある?

オリジナルプリントをDIYで自作するのではなく業者へ依頼する場合、コストがかかるという以外に、どんなデメリットがあるのでしょうか?

手持ちの文房具にプリントできない

業者へオリジナルプリントを依頼する場合には、業者が販売している文房具を購入してプリントを入れてもらうというサービスを利用することになります。

すでに半分使ってあるお気に入りのボールペンにオリジナルプリントを入れたいと思っても、その文房具が業者で販売されているものでなければ、残念ながら印刷してもらうことはできません。

小ロットでも複数注文が必要になるケースもアリ

小ロットでの注文が可能な業者でも、文房具の種類によっては1個からの注文には対応していない所はたくさんあります。

例えば、鉛筆や消しゴムなどは、複数個入ったセットへのオリジナルプリントになることが多いため、1個だけ欲しいと思っても、注文する際には1セットからの購入が求められます。

制作コストが割高

文房具へのオリジナルプリントをDIYで自作するなら、100均ショップなどでリーズナブルな材料を自分で購入して、安くオリジナル文房具を手作りすることができます。

しかし業者へ依頼すると、どうしても制作コストは割高になってしまいます。

もちろん、仕上がりのレベルはプロの仕上がりなので高い満足度は期待できますが、コストという面では業者へ依頼すると割高になるというデメリットはあります。

業者の選び方はどうする?

オリジナルプリントを入れてもらう制作業者は、ネットで探すとたくさんの業者を見つけることができます。

その中から自分にピッタリの業者を選ぶには、どんなポイントに注意したら良いのでしょうか?

欲しい文房具があるかどうか

ネット業者では、業者ごとに取り扱っている文房具が異なります。

そのため、まずは気に入った文房具があるかどうかという点で、業者を絞り込むと良いでしょう。

例えば、スマホケースにオリジナルプリントを入れたいなら、たくさんのスマホケースを取り扱っている業者を選べば、気に入ったアイテムを見つけやすくなります。

最低注文個数をチェック

業者をいくつか絞り込んだら、小ロットオーダーができるかどうかという点を確認しましょう。

消しゴムとかボールペンなどの消耗品なら、複数個あっても困ることはありませんが、スマホケースとかトートバッグなどを何十個も買うというのは、個人使用だと必要ありませんし、コスト面でも無駄になります。

小ロットオーダーが可能な業者でも、アイテムごとに最低購入個数は異なるため、必ずチェックしてください。

発送はどうなるのか?

オリジナルプリントを入れるサービスを行う業者には、プリントする文房具を外注業者から発送してもらい、プリントを入れてから注文業者へ発送するという仕組みの所もあれば、文房具の在庫を抱えているので外注で在庫を取り寄せる必要がない業者もあります。

こうした仕組みが変わると、注文してから配達されるまでにかかる日数が変わりますし、配送手数料の金額も大きく変わります。

オリジナルプリントはネット業者ならプロの仕上がり

手持ちの文房具に自作でオリジナルプリントを入れても良いですが、もっと高い品質でプロの仕上がりを期待したい場合や、いろいろな文房具に同じイラストや文字をプリント作成したい場合には、業者に依頼するのが便利です。

高い印刷技術と専門技術によって、様々な素材に高い完成度でオリジナルプリントを入れることができますし、見た目もおしゃれで劣化しにくい文房具に仕上がります。