/

オリジナルクリアファイルの作成手順とは?簡単にできる4つの方法を解説!

クリアファイルは、書類を分けたりするときに活躍する文房具ですが、透明なものだと味気ないですよね。

また、何の書類なのかを、テプラで表示したり、マジックで直接書いたりしてもいいですが、使い回しができません。

そのような時は、クリアファイルにデザインを加工するといいです。

中身の判別がすぐにできますし、目でも楽しむことができます。

簡単にオリジナルのクリアファイルを作成する方法を4つまとめました。

手軽に作成できるサービスClearfile One

Clearfile Oneは、デザインを送ることでオリジナルの文房具を作成してくれるサービスです。

2つのおすすめポイントがありますので、詳しく見ていきましょう。

スマホで作成

オリジナル文房具作成サービスの中には、一から自分でデザインを加工したり、決められたデータで送らなければならないところもあります。

しかし、Clearfile Oneは、スマホからデータを送ることによって、オリジナルのクリアファイルを作成してくれるのです。

パソコンを持っていない方や難しい操作が苦手な方でも、手軽に自作クリアファイルを作成できます。

また、スマホで撮った写真を送ることで、その写真がデザインされたクリアファイルを手に入れることができるのです。

入学式や卒業式などの思い出の写真を、クリアファイルに残してみてはいかがですか。

1枚からの小ロットで作成

オリジナル文房具作成サービスは、50個以上や100個以上からでないと発注することができない場合もあります。

会社や大規模なサークル、販売など数を必要とする場合は問題ありませんが、個人で使いたい場合は、困ってしまいますよね。

50個もの文房具を配るのは大変ですし、労力もかかるので、家にいらないオリジナルグッズがたくさんあるなんてことにもなりかねません。

Clearfile Oneは、オリジナルのクリアファイルを1枚からでも作成することができるので、記念として作りたい方や個人で楽しみたい方も、利用することができます。

同人グッズに最適な作成サービスpixiv Factory

pixiv Factoryは、オリジナルグッズを作成することができるサービスですが、その中でも、同人デザインやアニメグッズに力を入れています。

高品質な文房具

オリジナルの同人クリアファイルを作成したい時に、最も気になるのは、品質ではないでしょうか。

色が自分のデザインしたものと違ったり、線がきれいに出ていなかったりすると、がっかりしてしまいますよね。

pixiv Factoryは、多くの実績があるので、品質に関して安心して利用することができるでしょう。

たくさんの人が利用しているサイトは信頼できます。

他の人が作成したオリジナル同人クリアファイルなども見ることができるので、気になった方は覗いてみましょう。

品質の高さを実感することができますよ。

両面フルカラー作成

クリアファイルを作成するなら、デザインが端まできれいに印刷されたものがいいですよね。

pixiv Factoryは、両面フルカラーで作成できるので、クリアファイル全面にデザインすることができます。

さらに、両面印刷することができるので、1つのキャラクターでも、2通りのデザインを楽しむことができるのです。

表にデザインされたものは多く見受けられますが、両面となると、評判も高くなるのではないでしょうか。

イメージの幅が広がるだけでなく、完成した後のことも考えると、作成している最中も楽しむことができますね。

1枚から作成可能

pixiv Factoryも上記のサービスと同様に、1枚からオリジナルクリアファイルを作成することができます。

それだけではなく、1枚からでも高品質なものを発注することができるのです。

販売目的やたくさん作成する予定が無い方も、自分だけのクリアファイルをゲットできます。

試作品のための利用にもいいのではないでしょうか。

透明フィルムラベルでオリジナルクリアファイル自作

家庭にあるインクジェットプリンターに対応した透明フィルムラベルで、オリジナルのクリアファイルを作ることができます。

手順をまとめましたので、ぜひ、参考にしてみてください。

透明フィルムを購入

自分の家にあるプリンターに適合しているものかどうかをしっかりと確認しましょう。

適合していないと、思ったようなデザインを作れない場合があります。

古いタイプのプリンターは対応していないこともあるので、特に注意が必要です。

オリジナル画像の作成

WordやPhotoshopを使って、オリジナルデザインを作成します。

Photoshopはパソコンが苦手な方やデザインを作成したことが無い方にとっては、少し難しいかもしれません。

そのため、簡単なデザインであればWordを使用しましょう。

その際、サイズの確認は必ず行ってください。

せっかくデザインを作成しても、フィルムラベルの中にデザインが入らないと作り直さなければなりません。

デザインを書く前に、サイズの確認や向きを調整してから始めると失敗が少ないです。

自作デザインを印刷

プリンターに透明フィルムラベルをセットして、上記で作成したデザインを印刷します。

向きや置く場所などに注意しましょう。

プリンターの設定も忘れずに行ってください。

心配な方は、普通の用紙で印刷してから行うのがいいでしょう。

オリジナルクリアファイル完成

デザインがフィルムラベルにしっかり印刷できたら、シールをはがしてクリアファイルに貼り付けます。

そのままのサイズのものを貼り付けることもできますし、デザインに合わせて切り取ったものを貼ってもいいでしょう。

定規などを使うと空気が入らずにきれいに貼り付けることができます。

インクジェットプリンター対応のもので自作

家庭用のインクジェットプリンターに対応したクリアファイルがあるのをご存知ですか?これを使えば、自分の手ですぐにオリジナルのクリアファイルを作ることができます。

クリアファイルを購入

家庭用のインクジェットプリンターに対応したクリアファイルを購入します。

10枚単位のものから100枚以上入ったものまでさまざまです。

また、100均のキャンドゥで買うことができるA4和紙フォルダーも、自宅のプリンターで印刷することができます。

ネットで完成したものをアップしている人もいるので、参考にしてみるといいでしょう。

オリジナルデザインを作成

デザインを作ることができる無料のデザインソフトやWord、Photoshopなどを使って、オリジナルのものを作成します。

簡単なデザインのものであれば、Excelでも作成可能です。

初めての方は、既製のデザインをネットで検索してもいいでしょう。

ただ、著作権などの関係もあるので、販売の際には注意が必要です。

オリジナルのクリアファイルが完成

クリアファイルを通常の印刷の手順と同様に、プリンターにセットして印刷したら完成です。

クリアファイルは閉じてある場所と開いている場所があるので、デザインに合うように印刷する向きに注視しましょう。

オリジナルクリアファイルは簡単に作成可能

オリジナルのクリアファイルは、誰でも手軽に作成することができる文房具です。

テプラやステッカーでわかりやすいように印を付けるのもいいですが、自作のデザインが施された文房具は、使うことがとても楽しくなります。

書類の整理整頓にも張り合いが出るので、気になった方は、作ってみてください。