/

オリジナル文房具を作成する際に知っておきたいポイントとは?

大好きな文房具にオリジナルのイラストや写真や文字などをプリントして世界に一つだけのオリジナル文房具を作ると、毎日その文房具を使うことが楽しくなりますし、愛着も一層強くなるものです。

普段はついつい忘れがちなボールペンなどでも、忘れずにしっかりとバッグの中にしまいたくなるでしょう。

ここでは、そんなオリジナル文房具を作成する際に、知っておくと便利なポイントをいくつかご紹介しましょう。

ポイント1:デザインはそれで大丈夫?

文房具と言っても、その種類は多種多様です。

ボールペンやスマホケース、トートバッグなどのように、ほぼ毎日使うアイテムもあれば、メモ帳などのように常に持ち歩くわけではないけれど使う頻度は高い文房具もあるでしょう。

フィギュアスタンドなどように、持ち歩くわけではなく自宅使用したいものもあります。

種類が豊富な文房具は、どんなアイテムでも実用性が高いという共通点があります。

どんな点に注意して、デザインを選べばよいのでしょうか?

使うシチュエーションをイメージしよう

お気に入りの写真やイラストと言っても、使うシチュエーションやシーンに相応しくないオリジナルプリントでは困りものです。

自分がその文房具をどんなシーンで使うことが多いのかという点を想定しながら、公共の場で他人に見られても恥ずかしくないもの、また職場で上司や取引先で使っても問題ないものかどうか、という点を考える必要があるかもしれません。

妥協しないデザインを目指したい

文房具へのオリジナルプリントは、印刷する素材によってプリントの仕上がりが多少影響しますし、何を印刷したいのか、そのデザインによっても仕上がりの見た目が大きく変わります。

常に持ち歩くアイテムなら、大満足な仕上がりになるように、デザインの面では色や文字に妥協することなく、満足度を追求したいものです。

ポイント2:色の選択はどうする?

同じ文房具に同じデザインや文字をプリントした場合でも、色によってはそのアイテムの雰囲気がガラリと変わります。

自宅で使う文房具のように使用するのが自分だけなら、自分が一番好きな色を選べば問題ないでしょう。

しかし、男女が混在するグループやサークルなどで配布する文房具や、職場や取引先に配る文房具などは、男性にとっても使いやすくて持っていて恥ずかしくない色の方が良いですし、女性にとっても持ち歩きやすい色が無難です。

実際に利用するターゲットが男性なのか女性なのか、また年齢や使用用途などによって、色の選択をよく考えたいものです。

女性をターゲットにした文房具の色は?

女性は、持ち歩く文房具の色によってモチベーションがアップするものです。

職場で使う文房具や事務用品においても、色が変わるだけでモチベーションが変わるという統計もあります。

そんな女性には、やはり女性らしさを感じさせるピンク色が人気です。

ピンクと言っても桜色の淡い色味から、華やかな印象を与えるピンク色、落ち着いた色味などがあります。

用途やシチュエーションに合わせてピッタリの色を選んでみてはいかがでしょうか?

ピンク以外にも、女性はパステル系の淡い色が大好きな傾向にあります。

ライムグリーンやアクアグリーンなどもまた、オリジナル文房具では高い人気がある色です。

男性向けには定番カラーが無難

文房具を実際に使うのが男性の場合には、場所を問わずに持ち歩きやすくて使いやすい黒やグレー、シルバーなどの定番カラーが人気です。

ただし、オリジナルプリントを入れる文房具そのものの色合いと、プリントするイラストや写真、文字の色とのバランスが取れていなければ、全体的にチグハグな印象となってしまうでしょう。

全体のバランスも考えながら、まとまりのある色味を選びたいものです。

印刷で色が変わることがある

オリジナルプリントを注文する際にWEBで見た色合いと、実際に印刷をした時の色は、100%同じに仕上がるとは限りません。

ほぼ同じ色味になることは多いのですが、微妙な色のズレが生じることはあるかもしれません。

これは、業者の印刷技術によるところが大きいため、業者選びをする際には、実際に利用した人たちの口コミやレビューを参考にしながら選ぶことをおすすめします。

ポイント3:品質は大丈夫?

小ロットでオリジナル文房具を作ろうとすると、とかく私たちは、最小注文個数ができるだけ少ないネットショップを探すことに意識を集中してしまいやすいものです。

しかし、文房具はオリジナルのプリントが入っているかどうかという以前に、使いやすさや実用性などの品質がとても大切なポイントです。

オリジナル文房具を作成する際には、どんな点に注意して品質選びをするのが良いのでしょうか?

安かろう悪かろうは避けるべし

値段がリーズナブルな文房具の中にも、優秀な品質のアイテムはたくさんあります。

しかし、安かろう悪かろうの商品も実際にあります。

安い価格で購入出来る文房具は、一度に大量注文してもリーズナブルなコストで抑えられるというメリットはあるものの、使っているとすぐに壊れるとか、不良品率が高いなどのデメリットもあります。

いくら素敵なオリジナル文房具を作成しても、文房具そのものの品質が劣悪なのでは、使いたいという気持ちにはなりにくいものです。

購入するアイテムの品質は、可能な限りチェックしましょう。

高品質な文房具を取り扱う業者選び

オリジナルプリントを入れるための文房具の品質が出来るだけ高いものを選びたいなら、最低注文ロット数ができるだけ小さく設定されているアイテムを選ぶのがおすすめです。

たとえば最低100個以上という単位で販売されているものは、販売価格を出来るだけ低く抑えるために、品質面で妥協している可能性が高くなります。

その一方で、ペン1本という小ロット注文ができる業者では、その商品の品質に自信を持っている所が多いため、品質という点における満足度は高くなります。

ポイント4:文房具とオリジナルイラストとのバランス

文房具にオリジナルの写真やイラストb、文字をプリントする際には、全体のバランスもしっかりと考えたいものです。

写真は小さすぎるとみえづらい

どんなに素敵なイラストや写真を使っていても、バランスが悪ければ、せっかくの素材がもったいないものです。

例えば、細部まで精巧な写真をオリジナルプリントにするなら、大きさが小さすぎると細部が分かりにくいだけでなく、何の写真か分からなくなってしまうかもしれません。

その場合には、サイズは大きめで色味を抑えて存在を主張しすぎないように工夫するなどの対策で対応できます。

文字は直感的に読みやすいサイズ

オリジナルプリントには、イラストに加えて文字やメッセージを入れることも可能です。

文字を入れる場合には、あまり長すぎると読むのに時間がかかりますし、伝えたいことが伝わらない可能性は高くなります。

そのため、文字数はできるだけ制限し、見た人が直感的に読めて理解できる長さに抑えたいものです。

イメージとしては、広告のキャッチコピーぐらいの長さがおすすめです。

オリジナル文房具作成は、仕上がりをイメージして作りたい

オリジナルの文房具を作成する際には、どんなシチュエーションで誰が使うのかという点をシッカリイメージしながら、デザインでは妥協せずに、納得できるものを追求したいものです。

また、色選びや品質の点においても、実用性が高く使いやすい文房具を使ってオリジナルアイテムを自作するのがおすすめです。