/

オリジナルのペンケースを作成してみよう!初心者でも分かる具体的な方法を解説!!

「おしゃれなペンケースを探している」、「オリジナルペンケースをプレゼントしたい」そんな方も多いのではないでしょうか。

ペンケースは、学生のときだけでなく、大人になっても仕事や家で使う機会が結構ありますよね。

変わったデザインのものや特別なペンケースを探している方は、自作してみるのはどうでしょう。

「センスもないし自作なんて難しそう」と思われる方もいるかもしれませんが、実は簡単且つ手軽に作ることができるのです。

作成簡単オリジナルラボ

オリジナルラボは、商品を選んでデザインを送るだけで、簡単に自分だけのオリジナル文房具を作成できるサービスです。

デザインを作ることが簡単だったり、両面も印刷できたりするので、初めてオリジナルペンケースを自作する方でも、高いクオリティーのものを作成できます。

デザインの作成方法

  1. アイテムを選択
  2. 色を選択
  3. 画像やテキスト、スタンプなどを入れる
  4. デザインを保存し、カートへ進み、購入する

オリジナルラボは、写真をアップロードするだけでも、デザインを完成させることができます。

しかし、写真をアップロードするのも大変という方もいますよね。

そういった方は、文字を入力したり、スタンプを選択したりするだけでも、オリジナルのペンケースを手に入れることができます。

両面印刷できる

オリジナルラボは、ペンケース両面にデザインを入れることができます。

デザインを作成している時には、画面上部にあるボタンから、表と裏を簡単に切り替えることができるので、操作も簡単です。

片面のデザインだけでは物足りないと感じている方には、とても魅力的なサービスではないでしょうか。

再注文も簡単

過去に制作したものが必要になった場合や注文数を増やしたいときは、購入履歴からボタン一つで、簡単に再注文することができます。

データが残っていなかったり、作り直すのが面倒だったりすれば、非常に便利な方法ですよね。

自分だけで楽しむつもりが、友達にも好評だった場合、デザインを再現することって難しいので、再注文から最短でプレゼントすることもできるのです。

一人で楽しむのもいいですが、自分が作ったものを共有できると、もっとうれしいですよね。

ハンドメイドの写真ギフト

写真ギフトは、デザインを送ることで、自作ペンケースを作成できるサービスです。

特徴は、ロンドンで作っていることやすべてハンドメイドで制作されていること。

丈夫で高品質な商品は、商品レビューでも高評価を得ています。

写真を送れば、すぐに自作ペンケースを注文できるので、プレゼントに迷っている方も、気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

作成方法(デザイン開始)

  1. 商品を選択したら、デザイン開始ボタンを押す
  2. 画像や文字を入力してデザインを作成する
  3. ジッパーの色を選択する
  4. カートへ

写真ギフトのペンケースは、ネオプレーンと缶タイプの2種類あるので、お好みの商品を選べます。

また、デザイン作成時に、フェイスブックやインスタグラムの写真をアップできる項目が備わっているので、以前加工したものをそのままアップロードすることもできるのです。

さらに、画像集があるので、もっと手軽に作成したいと思う方は、活用してください。

ペンケースのジッパーの色は、4種類あるので、デザインに合ったものを選びましょう。

デザイン作成についてわからないことは、作成画面の中で、確認することができます。

複雑なシステムではないので、初めての注文の方も、気軽に挑戦してみましょう。

作成方法(コラージュ作成)

上記の方法2.までは同じ手順で、その後は、使いたい写真を複数枚アップロードして、写真リストを作ります。

使いたい写真を選んだら、コラージュ作成ボタンを押すと、完成です。

コラージュは、色々な写真を一つのデザインとして楽しむことができます。

卒業記念や旅行、デートなどの思い出を、ペンケースに加工して残しておくというのもいいですよね。

記念で撮った写真を、アルバムやスマホのフォルダにためておくだけではもったいないですよ。

世界に一つだけのペンケースを使って、思い出と触れ合う機会を多く作りましょう。

高品質

ハンドメイドの商品は、作り手によって品質にばらつきがあります。

しかし、写真ギフトは、高品質なことで評価を集めているのです。

商品レビューによると、入稿した写真の色味とほぼ変わらないやプレビューどおりの仕上がりなどの声が寄せられています。

また、対応の速さや商品がすぐに届くことも人気の理由です。

学割サービス

18歳以上の学生さんは、学割サービスを利用することができます。

表示価格より20%安くなることや3個頼むと2個の価格と同じになるなど、学生だからこそ助かるサービスも展開されているのです。

自分一人で作成するのはハードルが高く感じますが、友人と一緒にやれば、オリジナルペンケースをゲットできるだけでなく、作った過程も経験として思い出になります。

ぜひ、学生の方は、活用してみてください。

手ぬいペンケース

柄よりも形にこだわりたい方は、手ぬいのペンケースを自作しましょう。

材料費があまりかからないので、お金をかけずに楽しみたい方は、参考にしてみてください。

ミシンが苦手な方も、手ぬいであれば簡単に作成できるので、おすすめです。

用意するもの

布・糸・ファスナー・綿テープ・バイアステープ

布は、厚手の丈夫なものを選びましょう。

ファスナーは、100均でも購入することができますが、安すぎるとトラブルの元になるので、要注意です。

バイアステープは、ぬいしろを隠すことができるので、最後きれいに仕上がります。

やり方

布を必要なサイズにカットします。

表になる布と裏地が必要です。

それを合わせてファスナーを端に付けます。

なみぬいや返しぬいを使用しながら、場所に合わせて使い分けましょう。

余ったファスナーをカットしたり、タブを付けたり、余分な布などの始末をしたりすれば完成です。

ぬうことが得意な方は、数時間で仕上げられるでしょう。

また、あまりやったことが無い方でも、1日ほどで完成できます。

注意することやおすすめツール

これは言うまでもありませんが、布のサイズはしっかりと確認してください。

ぎりぎりの大きさで作成すると、完成した時にペンやはさみが入らないなんてことにもなりかねません。

特に、定規などを収納したい場合は、大きめに採寸するのがポイントです。

ぬっていくときは、布やファスナーの向きをしっかりと確認しましょう。

ぬい終わったら逆さだったは、あるあるです。

きれいにぬうためには、まち針を使用すると、ずれることなくぬえます。

印を付けたい時は、消えるペンを使用しましょう。

面倒くさがってマジックを使うと、後悔しますよ。

オリジナルペンケースを自作しよう

オリジナルペンケースは、オリジナルラボや写真ギフトなどのサービスを利用することで、簡単にできます。

また、手ぬいのペンケースは、愛着がわくでしょう。

サービスを利用する時は、あらかじめデザインを決めておくと、スムーズに加工できます。

また、フェイスブックやインスタグラムに投稿した写真を、ペンケースのデザインとして活用することもできるので、思い出の品として残すのも素敵ではないでしょうか。

大切な人へのプレゼントに、オリジナルのペンケースはきっと喜ばれるでしょう。

あなたにしか作れないペンケースを、自作してみてはいかがでしょうか。